子どものわきがの有効な対策:ケア方法やわきが発症の判断ポイントなどを徹底解説

『わきが』は大人だけが発症するものではありません。子どもが発症するケースも多く、中高生の発症率が最も高くなっています。

あなたのお子様の汗がいつもとは違う臭いがした場合、わきがを発症している可能性があり、発症が判明した際には、少しでも早く治療を受けさせたいと思うはずです。

この記事では、子どもがわきがの原因、発症が判明した日から手軽に行えるケア方法についてお話しいたします。

お子様は発症を自覚しているでしょうか?

 

わきがを発症した際の臭いは、毎日入浴を行ったからといって消えるものではなく、その臭いに関しても身近な人に教えてもらって初めて気付くというケースがほとんどです。

非常にデリケートな面も含んでいるため、身近な人間がどれだけ優しく教えてあげようとも本人がショックを受ける可能性は否定できず、親でさえいざ伝えるとなると躊躇してしまいますよね?

しかし、上記でお話しした通り、本人が自分で気付くケースはほとんどありません。

同じ身近な人間でも親に教えてもらった方が、本人が受けるショックも小さいでしょうし、場合によっては既に本人が悩んでしまっている可能性すらありますので、親のあなたが気付いた際にはすぐにでも相談に乗ってあげてください。

お子様のわきがケアを行う上では、こうしたお子様の精神的ケアから始めていくのが重要になってきます。

 

子どもわきがの二大原因

 

子どもわきがの主な原因は、『遺伝』、『ホルモンバランス』の二つです。

遺伝

全ての人に当てはまるものではありませんが、父親か母親のいずれか一方でもわきがを発症した経験があると、その子ども発症する危険性は大きく、逆に親族の中に発症を経験した人がいなければその危険性は極めて小さくなります。

確率的に見ると、両親のいずれか一方がわきがを発症していた場合、そのおよそ半数の子どもがわきがを発症し、父親、母親ともに発症していた場合はそれがおよそ8割まで上昇してしまうのです。

ホルモンバランス

子どもわきがも大人と同様、強烈な臭いの原因はアポクリン汗腺の刺激です。アポクリン汗腺には、ホルモンバランスの状態が変わることで刺激を受けて強烈な臭いを発するという性質があります。

したがって、わきがを発症した際には、第二次性徴が起こる思春期頃に臭いがきつくなり、それによって気付かされることも少なくないようです。

ただし、わきがを発症していない場合でも、思春期は発汗量が増えて強烈な臭いを発しやすい時期でもあるので、注意しなければなりません。

 

男女の発症率の差と注意が必要な時期

 

発症率に関しては、年齢、性別で大きな差はありませんが、女性は16歳、男性は18歳あたりになると臭いがきつくなる傾向があります。

これは二次性徴によるものですが、先ほどお話しした通り、わきがはホルモンバランスもかなり関係していますので、女性に関しては生理時期も要注意です。

もし二次性徴が見られる前にお子様の脇から強烈な臭いがする場合は、遺伝によるわきがである可能性が高いでしょう。

なお、女性の場合は小学校に入学した頃から発症する人もいるため、思春期を迎えていなくても常にチェックしてあげることが必要になってきます。

 

わきが臭の悪化の可能性と幼少期に臭いを感じた場合の対応について

わきが臭は、年齢を重ねるとともにひどくなるものではありませんが、思春期を迎えた時に臭いが悪化する可能性は否定できません。

わきが発症の有無は、生まれつきの体質が関係するものですので、発症した際には何らかの対応が必要です。

わきが臭の程度に関しては、20歳を迎えてホルモンバランスの大きな変化が見られなくなった時に小さくなることもあるとはいえ、ケアを行わない限りはその状態が続くこととなります。

したがって、お子様の脇が臭いと感じた際には、少しでも早急に対応してほしいわけですが、その臭いがわきがによるものなのか、それとも単に不衛生な状態(体臭)によるもなのかを判断するのは容易ではないでしょう。

これら二つはどのように判断すればよいのでしょうか?

 

わきが臭の7つの特徴

 

1.シャツの脇の部分が頻繁に黄色く汚れる
2.汗をかきやすい
3.足から異臭がする
4.両親・親族のだれかがわきがを発症している
5.耳垢が湿り気を帯びている
6.脇の部分だけ毛量が多い
7.白い粉状のものが腋毛に付着している

わきがを判断するためのポイントは上記の7つであり、中でも2番、4番、5番に該当する人は注意が必要です。

実際わきがを発症した人の50%以上は2番に該当していて、5番に関しては、ほとんど例外なく該当しています。

 

子どもがわきがを発症した場合の適切な対応策

 

わきがは生まれつきの病気ですが、臭いの程度は生活スタイルによって大きく変化するものとも考えられています。

重症化していないわきが臭に関しては、以下の生活スタイルの見直し一つで臭いを抑えることが可能です。

・揚げ物、肉類の摂取量を極力減らす
・ストレスを溜め込まない
・毎日少量の汗をかくようにする

 

肉類・脂肪の量を減らして臭いの悪化を予防

わきがの発症時は、普段の食事次第でその後の症状が大きく変わってきます。

中でも肉類、インスタント食品の多量摂取は、アポクリン汗腺への刺激を強め、臭いをきつくすることに繋がるため、注意が必要です。

ただ、上記の点に関して子どもは注意できませんので、母親が注意してあげなければなりません。なお、わきがを発症した際には、脂質をあまり含まない魚、野菜、大豆などの和食中心の食事となるようにすることが重要になってきます。

 

ストレス、過剰な心配はNG

ストレス、疲労の蓄積は発汗量増加の原因となり得るものですが、アポクリン汗腺の刺激にも繋がるものですから、臭いを悪化させるものとも考えられます。

お子様がストレスを上手く発散できていない、疲労が蓄積しているようでしたら、親のあなたがこれらに上手く対応してあげることが必要です。

そして発汗量の増加は、わきがを過剰に心配している時にも起こり得るものですので、お互い前向きな気持ちでケアを行うようにしてください。

 

発汗量の極端な抑制はNG

発汗量の増加に伴って、わきがの症状が悪化するとされていることから、発汗を極力避けようとする人も少なくありません。

しかしこのような生活を続けていると、いざ発汗があった際に、強烈な臭いの汗をかくこととなります。これの原因はそれまで溜まり続けていた老廃物が一度に排出されることにより、雑菌の数が大幅に増加してしまうためです。

そうならないようにするためには、適度な汗をかく必要があるわけですが、運動を行わずとも、毎日の入浴で適度に汗をかくようにするだけでも、臭いを心配する必要がなくなり、体も綺麗になるため、まさに一石二鳥の方法となります。

もし、お子様が汗っかきの体質であるならば、通学時に着替え用のシャツを渡すというのも一つの手です。

 

お子様が一人でも行えるわきがケア

世の中にはたくさんのわきがケアが存在しますが、難しいケア方法は少なく、お子様が自分で行えるケア方法も存在します。

例えば以下にご紹介する方法は、わきがの発症の有無に関係なく、体臭、デリケートゾーンの臭いの抑制も期待できるものですので、積極的に取り入れていきたいところです。

1.ミョウバン水(スプレー)をカバンの中に入れておく

ミョウバン水(スプレー)は、言うまでもなくミョウバンを含む水(スプレー)であり、臭いを消す働きを持つことから、大人がわきがを発症した際に制汗剤の代用としても用いられます。

また、わきがケア以外では、アトピー患者にも効果的で、肌への刺激が弱いことから、刺激に弱いお子様のわきがケアを行う際にも使用可能です。

では、そのミョウバン水(スプレー)はどのように作ればよいのか気になるところですが、だれでもすぐに作れるものとなっています。

工程①:ミョウバンの準備
用意するミョウバンの量は、生の場合で75g、焼き(ミョウバン)の場合で50gとなります。

工程②:用意したミョウバンをペットボトルに投入
用意したミョウバンを、1.5リットルから2リットルのペットボトルに投入します。

工程③:水(水道水 or ミネラルウォーター)をペットボトルに注ぎます
ミョウバンが入ったペットボトルの中に水を注ぎます。

工程④:ミョウバンが完全に溶け切るまで、数日間保管します。

工程⑤:最後に④のミョウバン水と水道水を1:20~1:50の割合で希釈すれば完成です。

上記でご紹介した方法を利用すれば、低価格でミョウバン水(スプレー)作ることができる上、どこでも手軽に使用できます。さらに高い効果も得られるという点から、実際に利用した人達からの評価も上々ですので、ぜひお試しになってください。

②制汗スプレーをカバンの中に入れておく

朝起きてから、夜寝るまでの時間の約半分の時間は学校での生活となりますので、学校の中でもわきがケアを行うことでより効果を高めることができます。

そのために先ほどのミョウバン水(スプレー)を取り入れるのも一つの手ですが、学校で使用するとなれば、この後ご紹介する制汗スプレーの方が便利です。

体育の授業の後はもちろんのこと、学校生活の中で皆さんが頻繁に使用する商品ですので、用意しておいて損はないかと思います。

制汗スプレーは、近所のコンビニや薬局など、多くの店で手に入りますので、お子様が気に入った商品を購入してあげるとよいでしょう。

制汗スプレー以外では、汗わきパッドの使用も有効な対策の一つです。こちらは、Yシャツ一枚で過ごすような暑い時期に使用しても目立たず安心して使用できるのがメリットですが、小学生向けのサイズを取り扱う店舗数は少ないですので、適切なサイズに切り取るなどの作業が必要になってきます。

③発生原因そのものを取り除きたい時に便利な「わきがクリーム」

上記の「ミョウバン水(スプレー)」、「制汗スプレー」はわきがを発症していないお子様でも使用することがありますが、さらにワンランク上のケアを目指す人は「わきがクリーム」も取り入れてみるとよいでしょう。

この商品は、制汗作用、殺菌・抗菌作用、消臭作用の3つの働きが期待でき、効果も長続きしますので、外出先で塗り直さなくても心配は無用です。

また、年齢や性別に関係なく愛用されている商品であることから、インターネット上にもたくさんの口コミが掲載されていますので、価格・効果の両方で満足できる商品を容易に購入できるかと思います。

ミョウバン水(スプレー)、汗脇パッドだけでは心もとない人は、お得で便利な「わきがクリーム」がおすすめです。

 

いろいろな方法を試しても効果がない場合は、病院で治療を受けましょう

わきがを病院で治療する際には、手術が必要不可欠と考えている人も多いのではないでしょうか?

最近は子どもに対しても行われるケースも存在しますが、そこまで大がかりなことをしなくても、使用する石鹸の工夫、ミョウバン水(スプレー)、わきがクリームの導入により、それなりの回復が見込めます。

わが国におけるわきがの治療は、他の国よりもずば抜けてハイレベルで、アポクリン汗腺の除去などといった、最先端の治療を受けることが可能です。

手術とはいっても現在行われている手術は、傷跡に関する心配がない上、子どもでも苦痛を感じずに受けられるものとなっています。

ただしその分、これらの手術は保険が使えるとはいえ、費用負担としては最も大きくなりますので、最初からこの方法を選択するのは賢明とは言えません。

病院への相談(手術)に関しては、あらゆる方法を試しても効果が現れず、身近な人々に迷惑がかかるなどといった際の最終手段として考えてもらえればと思います。

 

お子様のわきがケアを行う上で気を付けたいこと

子どもは大人と比べて刺激に弱い肌をしていて、中でも脇はその他の部位よりも厚みがないので、ケアの行い方次第では痛み、かゆみなどの症状が現れても不思議ではありません。

子どもでも安心して使用できる商品を選択するのがベストですが、店舗では手に入りにくいため、肌荒れのリスクが小さい添加物を含まない商品、もしくは、敏感肌の人が使用する商品の購入をおすすめいたします。

 

終わりに

わきがケアを行うにあたっては、まずはお子様にそのことを知ってもらわなければなりません

手術まで行わなくても、日々の食事の見直し、ミョウバン水(スプレー)やわきがクリームを取り入れていくことでも、十分な対策となるでしょう。

親の立場であっても、子どもにわきがの発症は伝えにくいものですが、子どもからすると、有効なケア方法があると分かるだけでも不安は小さくなります。

そしてわきがケアを行う上でもう一つ重要なのが、学校の泊まり掛けの行事などで親が近くに居ない時でも自分一人でケアを行えるということです。

そのために、わきがケアを毎日の日課としてあげることも重要になってきます。

ここまでお子様のわきがケアについてお話してきました。

わきがに関しては実に日本国民のおよそ10%が発症していて、最近ではお子様向けの治療院も誕生しています。

わきがクリームなどの使用、生活習慣の見直しを行っても効果が現れない場合は、上記の治療院の利用も検討してみるとよいでしょう。

 

デオシーク公式サイト
特別割引最大70% OFF

>>デオシーク・キャンペーン購入ページへ<<

キャンペーンの内容は予告なく変更・終了する場合があります。